犬の気持ちがよくわかる
ホーム > 行動からわかる犬の気持ち > イタズラな行動をする犬の気持ち

イタズラな行動をする犬の気持ち

留守中にトイレ以外の場所でオシッコをするの?

トイレ以外でオシッコする犬飼い主が帰ってくると喜んで迎える犬は多いはず。しかし、いつもと様子が変だったり、落ち着きがないときがある。

そんな時は部屋の中を確認するとトイレ以外の場所でオシッコをしていたり、ゴミ箱を引っくり返したりしている。

これは犬が1人ぼっちで留守番をしていて不安でしかたがなかったからである。留守番に慣れていて飼い主との主従関係がしっかりできている犬ならそんなことはない。

飼い主は絶対に帰ってくると分かっていれば不安にはならないからだ。部屋にある机や布団などかじってボロボロにしてしまうのも極度の不安を解消するための行動です。

このような行動は普段から甘やかして育てられた犬がとくにイタズラ的な行動に走りやすいと考えられます。
 
スポンサーリンク

 

何でトイレ以外でウンチをするの?

トイレ以外でウンチする犬ちゃんといつもはトイレでウンチをしている犬でも、たまにとんでもない所でウンチをしていることがある。

これはイタズラ的な行動ではなく飼い主に対してのメッセージになります。この場合は叱っても仕方なく、しつけの問題ではありません。

このような行動をする犬の気持ちは構って欲しいというイライラを表現ている証拠です。

また玄関やドックフードのお皿の前にウンチをしていた場合は、なかなか散歩に連れて行ってくれないな・・・・食事を満足に与えてもらってないといったメッセージとなり、まさに飼い主に対してのあてグソという意味になるのです。
 

満腹なのになぜ食事を横取りしようとするの?

子犬を何匹か一緒に飼ったことがある人なら経験があるかもしれない。与えられた食事を全部食べたのに他に犬の食事を横取りしようとするる犬がいる。決して仲が悪いとか食べたりないから横取りしようという訳ではない。

犬はにおいや口に入れてみることで、それが何なのかを学ぶ習性がある動物です。

犬はとても好奇心が旺盛な生き物です。なので少しでも気になったのなら横取りして口にしないと気がすまないのです。ほとんど本能的な行動といってよい。

これをやめさせるには子犬の時期から自分の食事皿を決めて、横取りの行動をしたら自分の食事から食べるように根気よくしつけをするしかない。

なぜ飼い主の靴下を集めるの?

とくに室内犬で多いのが家の中で飼い主のシャツや靴下などを集めて、その上で幸せそうな顔をして寝ていることがある。これは飼い主のにおいが強く感じられるからくる行動です。

犬は匂いの世界で生きる動物です。靴下など飼い主の匂いが強いものを見つけると近くに飼い主を感じられるので一緒にいるような感覚になる。しかし、飼い主としてはシャツや靴下などで遊ばれても迷惑なので叱ってやめさせるしかない。
 

犬が噛みつくのはどんなとき?

犬が噛みつくとき犬は種類によっても噛みやすい犬とそうでない犬にわかれてくる。ただある一定条件を満たせばほとんどの犬が噛みつくという攻撃に出ることもある。

犬が噛みつく理由の一つに子犬のときからの甘噛みの癖が治っていないケースが考えられる。この場合は遊びの延長として噛みついているので大怪我をするようなことはないはずだ。

次に犬のテリトリーを侵した場合に噛みつかれることが多い。例えば、来客があると庭先で吠えるとき。また犬小屋に無造作に手を入れたりすれば犬は自分の縄張りに入ってきたと思うので怒って噛みつかれることがある。犬は序列関係に厳しい生き物なので、もし飼い主が噛まれたなら自分より下位に考えているケースもある。

ちなみに天気が悪い日、くもりや雨の日は犬が噛みつきやすいという研究結果がある。また女性が噛みつかれやすいのは香水や化粧品のにおいが犬を刺激するからだといわれています。

名前で呼んでも無視をするの?

ポチ!と飼い主が呼んでもプイっとそっぽを向いて無視されることがある。無視をされるにはちゃんとした理由がある。

まず考えられるのは食事中であってり、遊びなど興奮して夢中になっている間は聞こえていない可能性が高い。また、犬がすねていることが考えられる。散歩に連れて行かない、食事を決まった時間になかなかくれない、飼い主がいい加減に接していると犬はすねてしまいます。

一度すねてしまうと名前を呼べば一回はチラッと飼い主を方を見るが直ぐにプイっとしてしまうのですね。このような時には何度も優しく名前を呼んであげるなど愛情たっぷりに接していれば犬も機嫌は良くなります。ある意味、飼い主と仲の良い関係だからこその行動だということがわかりますね。
 

拾い食いやゴミ箱をあさるのか?

散歩中に拾い食いをする犬ゴミ箱をあさっては食べられそう物を口に入れる犬や散歩中に道端に落ちている物を拾って食べる犬は少なくない。飼い主が「出しなさい!」と叱っても絶対に出すことはない。

これは犬の本能的な行動です。好奇心が旺盛なので目の前にあるものは気  になって仕方ありません。それがにおいが強い腐りかけの生ゴミなら尚更のことです。しかし飼い主にとってはお腹を壊されたらたまらないので、やめさせなければなりません。

やめさせるには家の中で食べ物を放置しないこと、ゴミ箱は必ずフタさせてにおい防ぐ、飼い主が食事中はテーブルの上に脚をかけたら叱ることと食べ物をむやみに与えないことです。

また散歩中ににおいをクンクン嗅ぎはじめたら要注意!すぐにその場を離れて拾い食いをさせないことです。一度拾い食いを許してしまうと飼い主からOKをもらったと勘違いしてしまうので注意してくださいね。
 

スポンサーリンク