犬の気持ちがよくわかる
ホーム > 犬の種類からわかる性格 > 犬の種類からわかる性格や特徴③

犬の種類からわかる性格や特徴③

ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、ペキニーズ、ビーグル、ミニチュア・シュナウザーの性格や特徴、ルーツなどを解説!
 

ラブラドール・レトリバー

最近では、AKB48の曲名にもなったラブラドール・レトリバー。人間と一緒に行動をする犬種としてはピカイチです。

ラブラドール・レトリバー盲導犬や介助犬、警察の麻薬探知犬としても知られています。

根っからの働きものであるラブラドール・レトリバーは、飼い主が何かしらの役割を与えると、喜んで取り組むようなところがあります。

映画のワンシーンでよく見かける光景だが、ポストからの郵便物や新聞などを運んでくることなどは朝飯前である。

もともとはカナダのラブラドール半島が原産地。

昔は漁場などで貝や魚を拾ったり、流れた網を回収などをしていたが、イギリスに渡ってからはハンターが撃ち落した水鳥を回収(レトリーブ)するようになった。

ゴールデン・レトリーバーと比べると性格が少しだけクールなようです。
 
スポンサーリンク

 

ゴールデン・レトリバー

ゴールデン・レトリーバーといえば、盲導犬や介助犬としても有名だが、もともとはハンターが撃ち落とした鳥を、水に入って回収する鳥猟犬

猟犬のなかでは性格が穏やかである。

ゴールデン・レトリバー目の不自由な人の手足になる盲導犬や、介護犬としての活躍ぶりを見れば、ゴールデン・レトリバーがいかに賢い犬であることがわかる。

人間の子どもに優しく、誰とでも気さくにうち解けてしまうのが、ゴールデン・レトリバーの最大の特徴でもある。

ゴールデン・レトリバーを飼っている家にドロボーが入っても、その警戒心無さからシッポを振って愛嬌を振りまう可能性が高いため、番犬としては役に立たない。

そんな性格から電車の中で盲導犬が、何者かにフォークのようなもので刺され負傷する事件が話題となりました。刺されながらも吠えることもなく、そのまま任務を果たしたようです。

ラブラドール・レトリーバーとは別の犬種となり、性格を比べると少し甘えん坊なところがあります。

ペキニーズ

ペキニーズの祖先は、約2000年前からチベットの寺院で僧侶たちによって育てられていた犬種。その後、中国の権力者に贈られると宮廷で大切に飼われるようになりました。

ペキニーズその後2000年もの間、優雅な宮廷暮らしを続けることになったペキニーズ。その際、外に持ち出すことを一切禁じられ、犬を盗もうとした者は死刑となったという。

そんなペキニーズもアヘン戦争によって、外に持ち出されることになります。

1860年イギリス軍が中国の北京を占領した時、宮廷に置き去りにされてしまったペキニーズ。

西太后の愛犬だったペキニーズをイギリスへ持ち帰ったことで、そのうちの一頭がヴィクトリア女王に献上されたといいます。

現在ではポピュラーなペットとして世界中で親しまれるようになりました。

このような歴史を経て来たペギーズの性格は、自分勝手で気分屋、高飛車。王室で過保護に育てられた気質が抜けてない部分があります。

少しでも気に入らないことがあると「ウーウー」と唸り声をあげて威嚇する。トイレなど訓練をしても、あまり覚える気がない。
 

ビーグル

スヌーピーのモデルでお馴染みなのがビーグル。愛嬌のある顔で人にもなつきやすく、じつにユーモラスな性格が特徴。

ビーグルビーグル犬は16世紀ごろから、イギリスの上流階級の間でウサギを追わせる猟犬として飼われていました。嗅覚に優れていたビーグルは、ウサギを見つけると集団で吠えて位置を教えるのが任務。

そんなことからビーグルは「草原の声楽隊」などと呼ばれ、とにかく吠える犬種なのである。

通行人を見つければ見えなくなるまで吠え続けたり、ちょっとしたことでも吠えて飼い主に知らせてきます。

歴史を考えれば吠えてもしかたがないのだが、都会でで飼うにはちょっと考えものかもしれません。

このようなムダ吠えをやめさせるには、訓練をくり返して教え込むしか方法はありません。

ミニチュア・シュナウザー

ドイツが原産地となるミニチュア・シュナウザー。

ミニチュア・シュナウザー長い眉毛と口ヒゲが特徴、これはネズミなどに噛みつかれたとき、急所を守るために残されたもの。このロヒゲをドイツ語で「シュナウツ」と呼ぶことから名前がついた。

そんな若くても老いた学者ような風貌で、日本でも人気を集めているシュナウザー。

ミニチュアではない標準タイプのスタンダード・シユナウザーと比べると、ひと回り小さい。ルーツは馬小屋を荒らす野ネズミを退治するのが任務。

飼い主に忠実なので、しつけや訓練がしやすく、陽気な性格なのでペットとしては文句の付けようがないのです。

但し、もともとはネズミと戦う犬なので闘争心を秘めています。しっかり訓練をしないと子共に噛みつくことがあるので注意しましょう。
 

スポンサーリンク